あなたが、「そのうち副業で儲けたい」と思っているなら、

あるいは、「いつかは起業したい!」と思っているなら、

「そのうち」とか「いつか」ではなく、

今すぐ5万円だけ用意して下さい!





あなたに、何のスキルも、知識も、経験もなくとも、構いません。

資金として5万円だけ用意できるならば、
勝率99.94%のFXトレーダーが、

小学5年生でも理解し実践できた
起業の方法(儲け方)をお教えしましょう!

ただし、小学生でも出来る程度のことですので、
単純すぎて(シンプルすぎて)途中であきてしまうかもしれません。私と同じように。(笑)

これから、お伝えする方法は、小学生でも1日に10万円以上儲けた方法ですから、
たぶん、儲けられる金額に不満はないと思いますが、

とにかくその方法に面白みがない!簡単すぎる!

世の中に、「面白いほど儲かる」という言葉がありますが、
この方法は、簡単すぎてつまらないほどあっさりと儲かってしまいます。

それでもよろしければ、お教えしたいと思うのですが、

それくらいに、つまらないほど簡単に儲かる金儲け(起業)の方法が、

FX風林火山 なのです。

FX風林火山

風林火山とは?

風林火山とは、甲斐の戦国大名、武田信玄の軍旗に記されたとされる

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」

(疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、
  侵略(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し)

のことですね。

副業や起業を考えるにあたり、非常に多くの方々が心配するのは、

  • 実行するだけの資金がない。あるいは時間がない
  • 儲かりそうなビジネスモデルがない
  • すぐに会社を辞めて起業をするのは危険(リスク)が大きすぎる
  • 副業をやっていることを知られたらどうしよう?

このいずれかではないでしょうか?

大丈夫です!いずれの心配も不要です

5万円だけであれば、誰でもすぐに用意できるでしょう。

仮に、今すぐは無理だとしても、すぐに貯められる金額ですね。

時間も、あなたの空いた時間を使えば良いだけです。

ほら。気づいたら、あなたはここまで、
このページを読み進めてしまいましたね。時間にして1分ほどでしょうか?

FX風林火山の方法を、もしもあなたが知っていたならば、
そのほんのわずかな時間でも既に儲けることが出来ていたかもしれません。

そのくらいにシンプルで、短時間に出来るような方法なのです。

まさに風林火山の如く

従って、その小学生でも覚えられる方法さえ覚えてしまったら、

資金も時間もたいして必要ありません。
実行にうつし、お金が儲かるまでのスピードは、

まさに、疾(はや)きこと風の如くです。

小難しいビジネスモデルなどというものを考える必要もありません。

そうして、徐(しず)かなること林の如くですから、

副業として、つまりサイドビジネスとして、
起業をしようとする人たちみなさんが不安に思う、
勤務先に知られたらどうしよう?という悩みも不要です。
主婦の方が、夫やご家族の方に内緒で儲けることも可能です。

そもそも、FXの収入は給与所得ではなく雑所得であり、
法的には副業ではなく、あくまでも投資ですから、

仮に公務員であっても株式投資やFXは規定違反ではないのではないですか?
(厳密には調べていませんので、実行は自己責任で調べてからにして下さい)

まさに、徐(しず)かなること林の如く
何の不安もなく、堂々と、しかし密かに出来る。

それでも、儲けていることさえも知られたくないというのでしたら、
勤務先や、ご家族にも知られることなく儲ける方法もお教えしましょう!

そうして、一定以上に資金が増えたならば、
FX起業 FX風林火山 侵略(しんりゃく)すること火の如く
一気に爆発的に資金を増やしていき、

動かざること山の如し
となるまで資金を増やせば良いだけのこと。

いやいや。そんな簡単に上手くいくはずがない!

そう思われるかもしれませんね。

その感覚は正解です!

世の中に、「誰でも簡単に出来ること」をうたい文句にしているビジネスは、いくつかあります。
再現性100%とか、サルでも出来るとか(サルに出来るかい!?笑)

ですが、冷静に考えてみて下さい。

ビジネスというのは、そもそも相対的なものです。

誰にでも出来るということは、みんなが同じことをするということですね。
その方法が簡単であればあるほど、
誰にでもできるならできるほど、
多くの人たちが同じことをするようになり、
すぐにその市場は崩壊するか、大企業によって独占されてしまいます。

そのビジネスの方法を提供する側が、
方法を提供する人数(つまり募集人数)を少なくしても無駄です。

その方法が本当に儲かるならば
ビジネスである以上、どなたか他人から利益を頂くために、
何らかの宣伝活動や告知活動という世に広めるための活動が必要になりますので、
すぐにある程度は知られてしまい、そして同じことをする人たち、
つまり真似をする人たちが現れて過当競争になります。

そうなってしまえば、もう力のある者のみが生き残ることのできる、
まさに弱肉強食の厳しいビジネス市場、

いわゆるレッドオーシャンになってしまいます。

しかし、FXというのは、

ほぼ全世界が市場と言ってもよいほどの巨大な市場規模です!

日銀が何兆円という規模での市場介入をしても円高が是正できないほどの
とてつもなく巨大な市場です。

つまり、1万人が同じことをしようと、
仮に100万人が同じことをしようとも、何の影響もありません!

要するに、誰にでも出来て、
尚且つ儲け続けられるものはFXくらいしかないでしょうね。

ですが、多くの方はこういうことも思うでしょう。

そんな甘い話が世の中にあるものか!?

絶対にない!と。

はい。これもまったく仰るとおり、その通りです。
そうそう世の中上手く行くものではありません。

先ほどFXのことを「投資」と言いましたが、
このFXという「投資」で、儲けている人はほとんどいません。

あなたの周りにも、探してみれば、
FXという「投資(トレード)」をこっそりとやっている人はきっといるはずです。

ですが、FXで確実に儲けている人をみつけるのはほぼ不可能でしょうね。
FXで儲けている人はほとんど皆無と言ってもいいでしょう。

見栄を張って「儲かっている」と言う人はいますが、
まあ、ほぼ間違いなく、単なる見栄からの発言でしょうね。
そう言ってしまうほどに、FXで儲けている人はめったにいません。

それが証拠に、2010年8月から法律で

個人FX投資家のレバレッジが規制されました。

そして、2011年8月には完全実施されて、
大きなレバレッジではトレードができなくなりました。

これは、法的に規制をしなければならないほどに、
つまり法律を変えてでも個人を守らねばならないほどに、
ほとんどの個人FX投資家は、大きな損失を出している!
ということが証明されていると言えます。世の中そんなに甘くないというわけです。

おいおい。その「レバレッジ」って何だよ?

FXというものをまったく知らない方は、そう思われたかもしれませんが、
特に知る必要もありません。

法律を変えなくてはならないほどに、FXで儲けることは難しい。
ということだけ理解しておいて頂ければ結構です。

ハッキリ言って、

FXの知識なんぞあったところで、儲けられるようにはなりません。

私の周りにも、レバレッジという言葉はもちろん知っていて、
テクニカル分析だとか、ファンダメンタルだとか、オシレートがどうこうとか、
私も知らないようなプロのような知識を持っている人も何人かいますが、

知識があるだけで、小難しいことを言うだけで、
実際に儲けていないどころか、FXで損をしていますので、話になりません。

もっとハッキリ言えば、余分な知識は、
儲けることの邪魔にしかなりません!

だから、あなたの目的がFXというものに詳しくなりたいのではなく、
あなたが欲しいだけのお金を儲けることであるならば、

難しいことは覚えなくて良いですから、

FX風林火山でお教えする、小学生でも出来るような単純作業をして下さい。

何故FX風林火山ならば儲かるのか?

理由は単純です。

法律改正という事実が、
みなさんが損をしてしまう原因を明らかにしてくれたので、

その原因を徹底的に取り除いただけです。

何故みなFXで損をしてしまうのか?

  • FXに関する知識不足?
  • 儲けるための方法(ノウハウ)が悪い?
  • FXは、そもそもリスクが大きいものだから?
  • FXで儲けることは所詮無理なほど難しいから?

いいえ。違います。
上記のいずれも、一理ありますが正解ではありません。

何故なら、それだけの理由であれば、

巷には、FXの知識がまったく無くとも、
自動的に勝手にトレードをしてくれるようなツールもあります。

あまり良いノウハウでなかったとしても、
仮に資金が100万円だったとしたら、その100万円の資金が多少の増減を繰り返し、
最終的に徐々に目減りしていく程度でしょうね。

それだけならば、レバレッジの規制は無意味ですから、
レバレッジが規制された理由は、たったの1つです!

強制ロスカットと呼ばれるシステムにより、
一気に資金の大半を失ってしまう人が圧倒的多数だからです!

100万円の資金が一気に残金数万円になってしまった。ガッカリ

1000万円の資金が一気に残金数十万円になってしまった。ガッカリ

というようなことの経験者ならば、
あなたの周りにも結構いるはすですよ。

強制ロスカットとは何か?

これについてだけは、FXのリスクにかかわる部分ですし、
多くの人が誤解しているからこそ痛い目を見たりしていますので、
少し詳しく丁寧に説明をしておきますね。

あなたが仮に5万円の資金でFXという投資をはじめたとして、
損失が数千円ならば良いのですが、

もしも、損失が10万円になったり、数十万円なったとしたら、
あなたはその分の負債(借金)を抱えてしまうことになってしまいますね?

ですので、そのような負債を作らないために、
用意した資金が5万円であれば、

その資金が一定割合減った時点で、仮にまだトレード中であったとしても、
(どの程度減った時点かは会社によって規約が違います)

仮にその後に相場が反転して結果として儲かる可能性があったとしても、

システムがその時点で、それ以上に損失を出す可能性をゼロにするために、
自動的に損失を確定させてしまい、結果として損失を出してしまうシステムのことを
強制ロスカットと言います。

この説明をよく読んで頂けば、おわかりだと思いますが、
元々は、FXの投資を行う人に余分な損失を与えないための保全システムのはずが、
大半の人が、このシステムによって、資金のほとんどを失っているということです。

ですが、ここで失礼承知で、ハッキリと言ってしまいましょう。
強制ロスカットの経験をされた方には失礼だとは思いますが、

強制ロスカットをされる理由が私にはわからない!

何故なら、私は強制ロスカットなんぞされたことがないですから。

もちろん、強制ロスカットされてしまう理屈もメカニズムも理解しています。
何故、ほとんどのFX投資家が強制ロスカットされてしまうのか、

その理由も心理も明確に理解しています。

だからこそ、その理由(原因)を排除できるわけですが、
その原因を排除してしまった私から見たら、

そもそも、何でそんなやり方(FXトレードの方法)をするの?
そんな強制ロスカットの危険性がある方法を取る理由がわからない!
というのが、正確な表現ですね。

私は、FXにおいて、ほとんど負けトレードをしません。
トレード数を正確に数えていたわけではありませんので、
正確なトレード数はわかりませんが、

過去に儲けた金額から換算すると、5000回以上のトレードをしたはずです。
ですが、負けトレードはわずかに3回のみです!
もちろん、強制ロスカットでの負けではありません。損失を出したのが3回です。

ですので、仮にトレード数を5000回としたら、3÷5000=0.0006
つまり、私の勝率は99.94%以上ということになるわけです。

しかも、強制ロスカットの危険性も、ほぼ0に等しい。
これで儲からないほうがおかしいでしょう。

世の中には100%、絶対にということはありえませんから、
勝率100%とは言いませんし(実際少しは負けていますし)、
強制ロスカットの可能性も100%ないとは言いませんが、

限りなく100%に近い勝率で、
強制ロスカットの危険性は、限りなく0%に近いのが、

私の方法、FX風林火山なのです。

FX風林火山 FX起業

偉そうなことを言ってしまいましたが、ここで自己紹介をさせて下さい。

はじめまして。 ZORO(ゾロ)と申します。

私は過去に、ZOROメソッドとか、ZORO FILE(ゾロ・ファイル)として、
今回のFX風林火山の一部を無料配布したことはありますが、
正式にFXのマニュアルを執筆するのは、今回が初めてになります。

過去、ZOROメソッドでは、私自身が1万円を4ヶ月弱で150万円以上にした方法とか、
(レバレッジが規制される前は、これが可能でした)

ZORO FILEとして、強制ロスカットされないための方法などを無料配布して好評でした。

しかし、今回、正式にその全貌をマニュアル化するにあたり、
私のFXの師匠であるFXトレーダーの小出万吉氏に総監修をお願いし、
このFX風林火山というマニュアルを完成させるに至りました。

FX風林火山について、詳しく説明をする前に、私自身の恥ずかしい暴露話もしましょう。

冒頭で、私は自分自身のことを勝率99.94%のFXトレーダーと言いましたが、
実は、私はFXトレーダーではありません。

起業家ではありますが、FXで生計を立てているわけでもありませんし、
それどころか、過去に、FXで惨敗しています。

私がFXというものを初めてやったのは、たぶん多くの方々よりもずっと早い、
たしか2004年頃だったと思います。

そのとき私は、二度とFXはしないと誓いました。

FXなんてパチンコと同じでギャンブルみたいなものだ。
確かに理論的には10万円も資金があれば、
1日に数十万円はおろか、数百万円だって稼げる可能性はある。

しかし、それはパチンコや競馬と同じで、
あくまでも運が良ければ・・・・という前提条件付だ!
ということをそのとき(2004年頃の惨敗の時)に思ったものです。

ギャンブルは「しない派」の私は、さっさとFXからは撤退しました。

ところが、2008年の末に、
今では私にとってのFXの師匠である小出万吉氏が、
分速FX24というFXのマニュアルを販売し、

販売に先駆けて、私にその方法のすべてを教えてくれました。

小出氏には個人的な義理もありましたので、
無下に断ることも出来ず、デモトレードだけをやってみることにしました。

それが、私の、
勝率99.94%(2011年11月11日現在)のFXトレードの始まりでした。

小出万吉氏のおかげでしっかりと儲けさせて頂きました。

教えてもらった方法を、途中から、さらにシンプルにしたり、
強制ロスカットの危険性を排除したりと工夫はしましたが、

一通りの工夫が終わった時点で、まもなくFXに飽きました。(笑)
簡単に儲かりすぎて面白くないなと。

そんな私に言わせれば、

FXで儲けられないほうがおかしい!

としか言いようがありませんね。

世間の方々がFXで儲けられない理由(原因)を、
「強制ロスカットされるからだ!」と、ひと言で片付けてしまわずに、
もう少し丁寧に説明するならば、原因は以下の5点です。

  • 本当に儲かる正しい方法(メソッド)を知らない
  • ロスカットと呼ばれるシステム上、強制的に資金の大半を失う
  • FXで重要なメンタル面が弱い
  • 余分な知識や情報・経験に惑わされることで儲けることの邪魔になる
  • さらに、これが重要なのですが、儲けるための戦略がない

この5つです。

FX風林火山では、これらのすべての損をする原因を徹底的に排除しました。

本当に儲かる正しい方法(メソッド)を知らない

多くの方々は、方法(メソッド)やノウハウを単体で知って実行しているだけです。
それでは、方法(メソッド)やノウハウが優れていても儲けることは無理です。

今回のFX風林火山も含めて、100%確実な方法というのは存在しませんので、
一旦負け始めてしまうと、損失がどんどん大きくなり、
そしてやがて、先にお伝えしたとおり、

ロスカットと呼ばれるシステム上、強制的に資金の大半を失う

ということになってしまう場合がほとんどです。

さらに、

FXで重要なメンタル面が弱い

通常のFXトレードでは、メンタル面が非常に重要です。
「FXはメンタルが全てだ!」と言う人さえいるほどです。

そもそも、メンタル面に左右されてしまうような方法自体にも問題があるのですが、
強制ロスカットされてしまった方々の大半の原因はメンタルだとも言えます。
そして、

余分な知識や情報・経験に惑わされることで儲けることの邪魔になる

情報や経験がプラスにならず、邪魔になるだけの場合がほとんどですから、
強制ロスカットに向けて、損失に拍車をかけています。

さらに、これが重要なのですが、儲けるための戦略がない

資金が5万円の人と、100万円の人では、FXにおいて儲けるための戦術が違います。

ところが、FXという「投資」をしている人たちは何故か、
資金にふさわしい戦術も無ければ、当然、様々な戦術を使っていくべき道筋、
すなわち戦略がまったくありません。

確かに、それでは儲けられるわけもないでしょう。

FXトレーダーではなく、起業家である私に言わせれば、
何の戦略もないまま漫然とビジネスをして稼いでいる人なんていません!

FXも同じです。戦略のないまま漫然とやっていても儲かるはずがない。

ですが、
戦術だの、戦略だのと、小難しい言葉を並べましたが、ご心配なく。

あなたが戦略を考える必要はありません。
既にFX風林火山の中にすべて織り込まれていますので、

あなたは単純な作業をするだけで儲けられるはずです!

為替相場は生きている!

このようなことも世間では言われています。「為替相場は生きている」と。

先ほど、FXの自動ツールというものがあることを話しましたね?
そうして、「FXは、メンタルが全てだ!」という人がいるということも伝えましたね?

だとしたら、感情のないツール(プログラム)に任せてはどうか?

多くの人たちがそう結論しましたが、
残念ながら、それも無理なようですね。

過去10年のデータでは勝率100%とのうたい文句のツールなどもあったようですが、
そのようなツールを使って大きく儲けることができたという話を私は聞いたことがありません。

これは、私が無知なだけでしょうか?

いえ。違います。

FXの舞台になる為替相場は生きているのです!

昨日までは100%であったデータも、今日、今この瞬間には、
過去のデータにない動きをすることがあるのが為替相場の特徴です

ですので、100%メンタルに左右されることのないプログラムに、
過去において100%負けることのないデータをもとにトレードをさせても、

新しい動きを頻繁にするようなFXという市場では通用しないわけです。

しかし、その